特殊な技術によって今までにはなかった油を健康油に変える機器の開発に成功しました。

これまでの油へのイメージを全て変えるこの新技術は現在国際特許出願中。

油を改質することで、その共振力により、素材の中の水分も低分子化し、旨味成分を閉じ込めます。

素材の味を逃さず中に閉じ込め、油の酸化や劣化を防ぎ、冷めても美味しい揚げ物を作ることができます。


「e-WAVE OIL」の特性上、お肉や野菜と衣の間の隙間ができなくなり、素材の中にうまみ成分を閉じ込めることができます。

そして、突沸することがないためドリップが出ることはありません。

ドリップが出ないということは、うまみ成分が素材の中にとどまっていることを意味します。

したがって、冷めたとしても味が落ちないため、いつ食べてもお客様が満足する揚げ物を提供することができるのです。

特に作り置きになってしまう惣菜やチルド食品を扱っている企業様にはメリットとなるでしょう。


うまみ成分を素材の中に閉じ込めるだけではありません。

時間が経っても揚げたてと変わらない見た目をキープします。

例えば、ポテトの頭が折れない。しんなりしない。

素材の中の水分も逃さないため衣はサクッサク、中はジューシーで素材のおいしさを引き立てます。

ですから、いつでもお客様に美味しく食べていただける揚げ物を作ることができるのです。

当社では、サイドメニューやセットメニューとして唐揚げを販売しています。そのため油が汚れる期間が短く交換回数が多いことが課題でした。

今回「e-WAVE OIL」を導入したことで、油の汚れが抑えられ、従来よりも約2倍長持ちするようになりました。

また、中の水分やドリップが出ず旨味が中に閉じ込められるようになり、お客様から「おいしい」とお褒めの言葉をいただいております。

セントラルキッチンにおいて一括で油を改質して各店舗に配送できることにメリットを感じています。

過去にフライヤー補助機を全店舗に設置することを検討したことがあるのですが、コスト面から見合わせました。

オイル改質機器のTERAQOL®「e-WAVE OIL」は通常の食用油改質用のフライヤー補助機のようにフライヤーごとに設置する必要がなく相当なコスト削減になっています。

【ご提案に際して】

おいしさの向上とコスト削減を同時に実現できることをご提案させていただきました。初回のデモ時にから揚げ、ナスの素揚げ、豆腐の素揚げ、冷凍さんま、などをお見せいたしましたが、「カラッとジューシーな仕上がり」「食材の臭い移りがないこと」「冷凍食材をいれても油跳ねがないこと」「油自体が改質されて色も変化すること」「素材への油の吸収が少ないことでヘルシーな仕上がりなること」をお褒めをいただきました。

導入に至った最大の動機は、「e-WAVE OIL」はたった1つの機器だけで全店舗分の油の改質を行なえることでした。多店舗様の場合、セントラルキッチンで油を改質し、それを各店舗に食材とともに運ぶことができます。従来のフライヤー補助機のようにフライヤーごとに補助機を設置する必要がないので、抜群の費用対効果となります。

【担当者の声】

セットメニューやサイドメニューとしてから揚げを販売しているため、油が早く汚れる為、交換回数が多いことが課題でした。

今回、テラクォールを導入したことで、油が長持ちするようになりました。また、油が改質されたことで、これまでよりサクッと揚げた感じになり、お客様からもお褒めの言葉をいただくことが多くなりました。

製造工程でさつま揚げのソフトな食感を出す為に、すり身を作る工程で水と植物性油脂を入れて乳化させます。

その油を「e-WAVE OIL」を通したものを使用しています。これをすることによって更にソフトで滑らかな食感で美味しく仕上がります。

通常さつま揚げを揚げて、一旦冷蔵保存してパックをすると、その際どうしても離水といって製品からドリップ液がでます。しかし、 「e-WAVE OIL」を使うとドリップ液が少なくなり、冷凍による食感の変化も少なくなります。

油調の際にも揚げ湯を「e-WAVE OIL」にすることによって油はねが少なく、また油切れがよくパッケージ下に油が溜まらない揚げ物が作れます。

これは製品への油の吸収が少なくなっているからで、健康的で美味しく、食感の良い仕上がりが実現できるようになりました。

油の劣化が抑えられるので約2倍程度の寿命延長が出来ておりコスト削減もできています。

【ご提案に際して】

健康志向の高まっている昨今、油の取りすぎを気にされる消費者が増加していることから、

「商品のパッケージ下に油が溜まらない製品を作りたい」
「主力商品であるさつま揚げの油切れをよくしたい」
というご相談をいただきました。

「e-WAVE OIL」は素材への油の吸収が約30%減少させられるので、油切れには自信がありました。ですので、こちらは難なくクリア。パッケージ下に油が溜まらない製品となりました。

その他、練り物の製造工程での乳化がスムーズに混ざってまた練り物の滑らかな食感が際立つようになったとの嬉しいご報告をいただきましたが、これは水分、油分の低分子化による効果で食感への貢献もできて嬉しく思います。

【担当者の声】

冷凍による食感の変化も少ないから美味しくなったというお声をいただき、売りであるソフトな食感が向上したと言われました。

油跳ねが少なく油煙も少ないのでフライヤー、厨房の掃除も楽になりました。

改質した油原料で作ったオイル商品の変化、効果について、テラクォール加工をして改質したオイル原料で作った商品は日を追うにつれ、オイルの質感がわずかに軽くなるように感じました。

味のレスポンスも日を追うにつれ味覚の凄れた方には向上していることが感知されます。

【ご提案に際して】

オイルに魚介や香味素材が入っている調味料タイプのオイルな為、うまみ成分の抽出スピードと量が向上すること、オイルの酸化と劣化を防ぐので化学薬品を使用しなくてよいことをご提案しました。

【担当者の声】

防腐剤、酸化防止剤を使用しない弊社にとって、化学的な薬品処理を伴わないこの加工により、商品の抗酸化性向上につながればありがたいです。



「e-WAVE OIL」はTERAQOL®(テラクォール)という技術を使っています。

TERAQOL®は、あらゆる液体や固体の性質を分子・電子レベルで活性化する日本発・世界初の周波数技術です。

「食材の旨みを引き出す」「食品・油の酸化を防ぐ」「廃水・廃油を浄化する」「美容成分の吸収率を高める」などの特徴があり、その変化を長期に渡り持続させられることができます。

TERAQOL®が多種多様な企業の競争力を高めるのはもちろん、フードロスの削減や海洋汚染など地球規模の課題をも解決することができます。

現在、国際特許出願中で、さいしんコラボ産学官で優秀賞にも選ばれました。

そのTERAQOL®の共振力を油にも生かしたのが「e-WAVE OIL」なのです。

共振とは外から振動を与え、物質に影響を与えることです。

水、油、素材、このすべての原子コントロールができれば、突沸を防ぎ、素材の水分、うまみ成分を閉じ込め、酸化しづらい揚げ物をカンタンにつくれるのです。




油を「e-WAVE OIL」で改質することで油だけでなく共振の力によって、素材、素材の中の水分に影響を与えます。

水分子、油分子、素材の中の水分子も同じように低分子化され、なおかつ連珠構造といって分子が整列したような状態になることで突沸を防ぐので、

素材のうまみ成分や水分が外に溶け出ることがなくふっくらジューシーで冷めても美味しい、油切れもいい揚げ物ができるのです。

なぜ酸化しづらい油なの?

「e-WAVE OIL」で改質した油では、マイナス電子が大量にある状態となっているために酸化のスピードが遅くなるからです。

この試験では通常油の酸化スピードに比べ20%酸化スピードが遅い事が分かります。

このように酸化スピードが遅いことで冷めても美味しい揚げ物になります。


※ 酸化=油脂の精製及び変質の指標数値の1つ
酸価(AV):油脂中の遊離脂肪酸量
加水分解によって生じる遊離脂肪酸の量に相関する指標です。
なぜ、油が劣化しづらくなるの?

「e-WAVE OIL」で改質した油では、マイナス電子が大量にある状態なので、劣化のスピードが遅くなります。

この試験では通常油の劣化スピードに比べ40%劣化スピードが遅いことが分かります。

劣化スピードが遅くなるとコスト削減につながります。


※ 過酸化物価=POV:過酸化物価=油脂の変性の指標数値の1つ
油の二次化合物が減ると何がいいの?

「e-WAVE OIL」で改質した油では、マイナス電子が大量にある状態となっているために酸化・劣化しづらい状態です。

そして、有害物質も発生しにくくなります。

その結果、胸焼けなども起こりにくなることが言えるのです。

つまり、揚げ物をたくさん食べていただくことも可能だということです。

この試験では通常油に比べ、約35%匂いの原因となる二次生成物を抑えられているのがわかります。


※ カルボニル価=フライ油が酸化し分解して生成した、アルデヒドやケトンの量と相関する指標(油脂の臭い)
なぜ健康油に変わるのか?

「e-WAVE OIL」を使って揚げ物を作り、素材への油の浸透率の差を比較試験しました。

グラフをご覧いただくと、油の素材への吸収が約30%抑えられていることがわかります。

この試験結果から、健康面に配慮した健康商品開発が可能です。

そして、中はジューシーでありながら外はカラッと仕上がる理由でもあります。

つまり、通常の油を「e-WAVE OIL」で改質するだけで、健康油に変わります。


〜サラダ油での実験結果〜

〜オリーブオイルでの実験結果〜

水を入れても跳ねない理由は毎秒1兆回から10兆回の電子振動により、素材の中の水分子も低分子化されるからです。

これこそが、油の酸化・劣化を遅くする要因なのです。

たった2ステップの利用方法だけで、フライヤーの油自体を、冷めても美味しい揚げ物を作ることができる油に変えてしまうのです。

また装置自体は超小型のため搬入、設置に大掛かりな作業は必要ありません。どなたでも簡単に脱着出来ます。

油の交換時に装置を設置し、電源を入れて40分待つだけで、魔法の油に変わります。後は電源を切って、装置を取り外すだけ。次の油の交換時まで改質油が維持出来るので、今まで通り普通にフライヤーを使えます。

ですから、一度設置したら、何年、何十年と使い続けないといけない、と思わなくてもいいのです。

むしろ、「ちょっと試してみよう」というくらいで問題ありません。

1年から契約できるレンタルプランもありますので、まずはお気軽にお問い合わせください。



健康にイノベーションを。

もともと弊社は水のビジネスに30年間携わってきました。

そして、「より身体にいい水とはどんな水か?」をずっと模索し、研究してきました。

その答えは、分子が小さく身体にスムーズに吸収でき、脂肪や栄養素を溶かしやすく、還元力の高い、活性酸素も除去できる水。

そんな水を作ろうとして最終的に辿り着いたのがTERAQOL®でした。

これが「e-WAVE OIL」にも使用しているTERAQOL®技術です。

TERAQOL®技術はこれから間違いなく普及していく技術だと自負しています。

わたしたちは、TERAQOL®技術を駆使し最新の技術と古の英知を融合しながら各分野で本質に基づいたソリューションを提供し世界を元気にすることを使命としています。

水から始まり様々なものに応用していく中、安全で健康的な食、フードロスで貢献できることがわかりました。

油の改質機器、「e-WAVE OIL」の販売を皮切りに、今後は食の未来をデザインしていきます。

「e-WAVE OIL」は、これまでの揚げ物の新常識を作り出すと考えています。

想像してみてください。

たった1台で数台のフライヤー分の油を酸化・劣化しづらい油にできるメリットを。

もうフライヤー機に電極板を常に入れておく必要はありませんし、複数台のフライヤーを使用されている企業様であれば、それがこの「e-WAVE OIL」一台で賄うことが可能になり、大幅な投資費用の削減になります。

その上、油は約2倍長持ちします。

冷めても美味しいので、外販商品にも適しています。

さらに、従来の電極板の補助装置はフライヤーの熱で電極板のコーティング剤が溶けだすといった危険性も有りましたが、「e-WAVE OIL」にはその心配は有りません。

フードロス削減にもつながり、安心安全な食の文化を創造できると考えています。

「e-WAVE OIL」は食のあたりまえを変えます。

「e-WAVE OIL」はリースプランとレンタルプランの2つがあります。

まずは少しでも興味をお持ちいただきましたら、下記のボタンから無料でお問い合わせくださいませ。